So-net無料ブログ作成
検索選択

コラーゲンとは?科学的な構造

コラーゲンを科学的に解説すれば、

コラーゲンとは、タンパク質と言うことで、

一次構造は、アミノ酸が一列に配列(ペプチド鎖)したものである。

しかし、配列がユニークであり

―(グリシン)―(アミノ酸X)―(アミノ酸Y)―

グリシンが3残基ごとに繰り返す一次構造をとっている。

アミノ酸Xとアミノ酸Yの種類が変わることにより、


色々な種類のコラーゲンに変わる

有名なもので、I型コラーゲンは

アミノ酸X=プロリン

アミノ酸Y=4(R)ヒドロキシプロリン

であり、

―(グリシン)―(プロリン)―(4(R)ヒドロキシプロリン)―(グリシン)―(プロリン)―(4(R)ヒドロキシプロリン)―

というアミノ酸の繰り返しのペプチド鎖である

このペプチド鎖が3本集まり、縄をなうようにお互いに巻きついて、らせん構造を形成する。

分子量は10万程度


これから言えることは、コラーゲンをサプリメントとして摂取すれば、グリシンを沢山とれるということですね。

コラーゲン入りサプリメントの中に入っているグリシンが効くのかなあ???

それとも、コラーゲンが肌に吸収されるのか??

科学的なデータは今のところないらしいです(???)


しかし、コラーゲンの入ったサプリメントを飲むと肌がすべすべするのは

なぜなのだろう??といのは科学的にまだ不明らしい。

しかし、女優やモデルさんが愛用するほどだから、

科学的に効果は不明だが、とりあえずは効果があるのか!????

コラーゲンの館-サプリメントなどコラーゲン商品販売



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。