So-net無料ブログ作成

体内中でのコラーゲン

美容の美肌やシワやたるみ取りなどに効果が期待されている
コラーゲンとは一体どんなものだろうか?

実はコラーゲンは、体内にもっとも多く含まれるたんぱく質の一種なのです。
人間の体は約20パーセントがたんぱく質で出来ているのだが、
その中のなんと3分の1がコラーゲンなのです。

体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪などなど
体内の所に存在し、細胞と細胞の繋ぎ合わせる働きをしているものが多いです。

コラーゲンは、美容と言うよりも生きていくうえで必要なものなのです。

このコラーゲンが不足した場合は大変なことになるのは言うまでもありません。

加齢と共にしわやたるみなどの皮膚のトラブル、関節の痛みや変形、骨の衰えなどの症状が
出てくるのはコラーゲンの不足によるものといわれます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。